« 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 次へ »

No.63 社会の中で(06.03.18)

社会人である以上、人はその社会の中で『歯車』でなければならないと僕は思います。
個人事業者の人は小さな歯車で会社はもう少し大きな、あるはもっともっと大きな歯車であると思います。そしてその会社で働く従業員はその会社の小さな歯車でなければならないと思います。小さな歯車の集合体が『会社』になっているんだと思います。それが歯車同士かみ合って社会ができあがっていると思うンです。
だから、「俺は会社の歯車なんかになりたくねー!」って言ってる人はその会社には居られないですよね。って言うか、居てもしょうがない、居る意味がない・・・。
社会の中でも会社の中でも『歯車』として周りとどうかみ合っていくか、つながっていくかが大切です。『かみ合う』とは『必要とされるコト』『貢献するコト』『役割があるコト』です。
例えば、趣味が高じてSHOPを開業した人はいくら、そのコトが好きでも、その良さをお客様に伝えて理解してもらわなくては廃業に一直線です。「それってステキ」「それなら欲しい」と思うところまで自分の事業を伝えなくては。
会社も同じです。そして会社の従業員は会社がどう社会にかみ合っているのか、貢献しているのか、役割を成しているのかを考えて仕事をしなくてはならないと僕は思います。経理など事務職の人は会社が社会に貢献する為、役割を果たす為に上手く組織が動けるように自分たちは働いているんだ、そしてそれが会社の中での役割なんだと思うべきです。会社が上手く社会の中で回転していられるというコトはとも大事なコトだから。
営業職の人は直接、会社と社会がかみ合う仕事をするわけだから更に会社と社会の関係について意識を持って仕事をしなくてはならないでしょう。自分が居る会社がいかに社会の役割を果たせるか、どうしたら社会に貢献できるかを考えるのは当たり前ではないしょうか。間違っても数字を上げる為だけとか、上司に評価してもらう為だけに仕事をしない方が良いと思う。会社が社会に必要とされれば、必然的に数字も上がるし、数字が上がれば上司の評価も上がります。

先日、あるメーカーの営業担当者とモメました。
『客注』で発注した商品がFaxで連絡があった納期になっても入荷しないので電話で確認したところ、既に一度商品は出来上がったが、直ぐになくなってしまった。100個もあって、まさか無くなるとは思わなかったけど一度に10個注文をくれたShopもあって直ぐに欠品した・・・とのコト。
仕方がないので次の生産を待つコトにしたが、次回からは『客注』を優先して各Shopに出荷して欲しいと要望したところ
「それはできません」「200店舗もの取引先があり管理できません」と。
では、せめて納期が遅れるコトぐらい連絡して欲しいと言ったところ
「それも無理です。」「管理できません」と。
僕は「客注が管理できないメーカーなんか聞いたコトがないし、今までにそんなメーカーはいなかった」と言いました。そしてこの営業担当と話してもダメだと思ったので、「上司に代わってくれ」と言ったところ
「俺が営業統括だ! 上司は関係ねぇー!」と啖呵をきられました。
そしてその後、「うちのやり方に従えないのなら取引をやめましょう」と一方的に取引中止を告げて電話を切ろうとするので
「客注分だけは送ってもらわないと困る」と僕が告げたのを最後に電話はきれました。
そして数時間後、外出されていたその上司から僕にお詫びの電話が・・・。

もし、この営業担当者が自分の居る会社が社会でどんな役割を果たし、どんな貢献をしているか考えて仕事をしていれば今回の様なコトは無かったでしょう。自分の会社の商品で人々の暮らしが、生活空間が、もっとステキなるコト。もっとステキな商品を開発していき、それをエンドユーザーに支持されていくコトがこの会社の役割ではないかと・・・。
それなのに、『客注が管理できない』、『客注を受けている店を切ろうとする』(せめて「今回の客注分だけは送ります」くらいのコトは言ってほしかった。)と社会への貢献、そして自らの役割を考えない行動にでてしまっている。結局、「関係ねー!」と言った『上司』が自分の代わりにお詫びをする始末になってるし・・・。

その上司の方が僕にこう言いました。
「伊藤さんとはこれからも一緒にやっていきたい。一緒にインテリア業界を盛上げていきたいんです。」と。
うちはそのメーカーの200件ある取引先の1つにしかすぎません。でも、彼は僕がどんな気持ちでSHOPをやっているのかをちゃんと知っています。だから僕がどうそのメーカーの商品をエンドユーザーに販売するかを分かっています。
かみ合っているんです。つながっているんです。だからメーカーが存在するんです。SHOPが存在するんです。そしてその先にはステキになったお部屋でくつろぐお客様(エンドユーザー)が存在するんです

その上司の方は僕に配慮して営業担当者を代えてくれました。なのでそのメーカーの愛知県の担当者はうちのSHOPだけ違います。そして、「営業体制を見直します。」とも言ってくれました。
でも一番僕が期待するのは元当店の営業担当者の彼が取引先やエンドユーザーに向けての気持ちをもっと考えるコトと、自分のいる会社の社会的役割をしっかりと把握してくれるコトです。
彼が営業職、営業統括という大役を自分のマスターベーションだけに終わらせてしまうのは、彼にとっても、会社にとっても、そして社会とってももったいない話です。
担当部署SHIOGAMA APARTOMENT STYLE
担当者名伊藤
電話番号052-806-4228
メールアドレスinfo@sa-style.jp

お問い合わせはこちら

No.62ピンクのカリモクチェア(06.03.07)

画像1
昨年のデザイナーズウィークの際に製作してもらった「ピンク色のカリモクチェア」が今日売れました。世界にたった1台の特注の椅子です。
ご購入して頂いたのは20代の女性で、当店のHPでこの椅子に人目惚れをしたとのこと。
うちとしてはご購入して頂けることじたい嬉しいことなのですが、そのお客様が涙をにじませるくらいこの椅子を買えるコトに感激されていたので、更にその喜びは倍増です。いやいや100倍増ぐらいです。
売上が上がってよかった・・・。ってことは全然感じず(ホントですよ)、この椅子を作って良かった!インテリアショップを仕事にしてて良かった!って心から思えた瞬間でした。
スタッフの桐谷ももらい泣きしそうになっているし、僕もかなりきてました。
こんなステキなお客様にお買上頂いてこの椅子は本当に幸せものです。

余談ですが、
そんなコトがあった今日、デザイナーズウィークの実行委員会の招集メールが届きました。
この椅子を作るきっかけにもなったイベントです。インテリアショップとお客様のステキな出会いがあるイベントです。
ことしもやります、『2006デザイナーズウィークイン名古屋』。
愛知の方々のお部屋が、そして生活がもっともっとステキになっていくお手伝いができればと思います。
担当部署SHIOGAMA APARTOMENT STYLE
担当者名伊藤
電話番号052-806-4228
メールアドレスinfo@sa-style.jp

お問い合わせはこちら

No.61 なっちゃん、初売り(06.02.27)

豊田市にある姉妹店Sumikaに先週から新しくスタッフとして加わった『なっちやん』が今日、初売上をあげました。
初出勤から3日目、最高の笑顔でお客様に接客をして加湿器をご購入して頂く。その接客している姿は初めての販売職とは思えません。レジからその接客の様子を子供を見る親の様見つめていたスタッフの佐藤は「かわいいワ♪」「なっちゃんに接客されたら買っちゃいますよ」と・・・。
まぁ、でも、お客様は女性だったのでそれだけではないとも思いますが・・・。

前職はバリバリの事務系職だった彼女がここまでできるのは、やっぱり「やる気」と「行動力」があるからだと思います。
最近数人の男性を面接しましたが、僕が問いかけたコトに対して「やったことがないので「できる」とは言い切れません」とか、「自分なりに努力はしますが結果が出せるかどうかはわかりません。もし、できなかった時には分からないコトを確認して・・・・・・」  となんとも歯切れの悪いというか、言い訳ボンバーというか、逃げ道作り名人というか。やる前からこんなんで大丈夫かよ・・、って不安いっぱいになってきます。
「やってみます、やらしてください。」同じ質問になっちゃんはこう答えました。既存のスタッフの鈴木も佐藤も宇野も皆そうです。まずは、「やってみます」という答えがいつも返ってきます。この返事で僕は彼女達に仕事をまかせられるのです。

できないコトを想定するというコトは一見、「慎重」という言葉で優等生の様に感じますが、僕的には「できなくてもしかたない」という逃げ道を作り、本来「できるコト」さえ「できなく」してしまうマイナス要素の原因そのものだと思います。
そのコトを成し遂げる為には「何」をしたら良いのかを10も20も100も200も方法を考えて行動に移せばいいんです。できないコトの言い訳を幾つも考えなくても・・。

本当は男性も採用したいです。
でも、既存スタッフのレベルについてこれる人材が現れない・・。
そういえば、今月初めに採用した男性がミーティングをした後、今日まで出勤しません、無断欠勤です。ミーティングで鈴木、佐藤、宇野のパワーに圧倒されたからでしょうか?
まぁ、そのおかげ(?)で頼もしいスタッフを採用できたのでSumikaとしては良かったということに。
担当部署SHIOGAMA APARTOMENT STYLE
担当者名伊藤
電話番号052-806-4228
メールアドレスinfo@sa-style.jp

お問い合わせはこちら

No.60 シオアパ4代目スタッフ登場(06.02.26)

当店に新スタッフが登場です。
既存スタッフの桐谷が学業専念の為今月末で退職、その後釜です。
身長168cmの彼女は僕と一緒にこの小さな売り場にいるとかなり圧迫感があるとかないとか・・・。

仕事が終わった後、桐谷と新人と僕とで焼き鳥屋に飲みにいきました。
かなり豪快に飲めそうなので今後が楽しみ(?)。でも、恋話を聞くとかなり繊細で女の子らしさを覗かせます。

B型の彼女、桐谷以上にキャラが濃いかも?。
たぶん、このページに登場するコトも今後増えそうな、何かやらかしそうな新人で楽しみです。
担当部署SHIOGAMA APARTOMENT STYLE
担当者名伊藤
電話番号052-806-4228
メールアドレスinfo@sa-style.jp

お問い合わせはこちら

No.59 Sumika新人登場(06.02.20)

Sumikaに新スタッフ登場です。
某病院の事務長まで勤め上げた(それでも)20代の女性。
インテリア関係の仕事につきたくて退職、当店の求人募集は運命的(?)

彼女を見た既存スタッフ曰く、「美人ですね!」。
僕も彼女の話方や笑顔は接客の仕事をする者として満点だと思います。

ただ一つ問題なのは通勤距離。
な、なんと岐阜県の関市から通うのです。
時間にして2時間以上。通勤代にして片道2000円。

「お金じゃないんです」と言い切った彼女だが、
「一度、豊田まで来てみて応募するか否か考えてみたら」
と僕が問いかけ、今日、本当にSumikaまでやってきた。

「お店を拝見させて頂いて決めようと思いました」と彼女。
Sumikaが2時間かけて通って働くに値するか否かと言ったところで
しょうか。

「お願いします。雇ってください」と彼女。

すげーヤツがSumikaのメンバーに加わります。
笑顔とパワー期待しています。
豊田にインテリア好きがまたまた増えていきそうです。
担当部署SHIOGAMA APARTOMENT STYLE
担当者名伊藤
電話番号052-806-4228
メールアドレスinfo@sa-style.jp

お問い合わせはこちら

« 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 次へ »