upload

サービス

« 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

No.181 60VISIONについて今思うこと。

60VISIONについて考えていました。
今後、どうかかわっていけば良いのかと。
 
ご存じの方もみえるかもしれないですが、60VISONの参加企業が7社撤退しました。 残ったのはカリモク、アデリア、マルニ、マーナ、ホッカ。

企業のストーリーもしっかり伝えられるプロジエクトだと感じ、僕は大いに賛同して販売してきました。 頼まれもしないのに60VISION展をやったり、参加企業で地元企業の60だけ集めてイベントをしたり、D&DEPARTMENT協賛(?)で60ミーティングをしたり。

で、イベントをやったり販売をしながら感じたことは僕ら販売店もしっかりと製造メーカーと向き合うことができたということ。企業の歴史すらも知ることができたということ。

下手をすれば、普通ならば、お店として商品単体にしか目がいかないところをどんな企業がどんな思いで作られた商品なのかってところまで分かって販売する。
たぶん、そんな販売の仕方だからこそ何年も同じ商品を売り続けることができるのではないかと思います。

企業を知ると今度は60ではないモノも気になってくる。
カリモク60でないカリモク、アデリア60でないアデリア、マルニ60でないマルニ・・。
実際、当店には既にそんな商品もいくつかあります。
これからもずーっと販売し続けたい商品。60VISIONと同じで『ロングライフデザイン』と今後呼ばれそうな。
N4(ノリタケ)、Gライン(アデリア)、カリモクニュースタンダード、マルニコレクション、・・・。
これも60VISIONが引き合わせてくれたんだと思います。

何が書きたいんだか分からなくなってきてますが(笑)
60VISONをブランドとしてではなくて企業(作り手)を分かりやすく伝える仕組みとして僕はとらえたいと思います。
で、60VISONの今後については参加企業の心意気一つだと感じます。
参加企業が「そこんとこしっかり伝えてや!」という気持ちなら「よっしゃ、任せとき!」という気持ちで販売し続けます。

まぁ、60VISIONに参加していないくても作り手のことはお客様に伝えていきますけどね。マジスだって、天童木工だって、スミカマだって、なんだって・・。
でも、60だからこそ、お客様に伝え易いってのもあります。それが『仕組み』ですね。

と言うことで、
シオガマアパートメントスタイル、Sumika、大須DECOは、これからも60VISON商品を取扱い続けますよ!企業が辞めない限りは。

なんか取り留めない話ですいません・・・。
あっちゃんのお腹が「ぐーっ」って鳴り始めたので今日はこのへんで。


お問合せ

No.180 一緒にしないで。

フリーターとニートを目クソ、鼻クソみたいに同じに言う人がいるけど、
アンコとウンコくらいの違いがあると僕は思います。


  お食事中の方、大変申し訳ございません・・・。

お問合せ

« 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

担当部署:シオガマアパートメントスタイル 担当者名:伊藤 電話番号:052-485-8218(「大須DECO」へつながります) メールアドレス:info@sa-style.jp